2015年1月14日水曜日

wing




昔 乗っていた FLHのタンク

この ウイングタンクデカールが やっぱり 1番好きだなぁ






やっぱ これだ





2015年1月13日火曜日

小松菜暫くの間お休みです



画像だと解りずらいですが

寒さでの ダメージが増し

葉が白っぽくなっています





いつもなら 100袋出来る 量の小松菜を採ってきました



23袋 しか出来ませんでした

1/4以下です

暫くの間 小松菜の出荷をお休みします


大きくなるまで もう少し 待ちます。






2015年1月12日月曜日

座間市の放射能汚染・再掲





昨年の4月に書いた このブログを見に来る方が とても多いので

再掲します。





座間市の放射能汚染を1992年と2013年で比較してみました。



座間市にある 座間神社

1992年に 放射能測定(ゲルマ)をしたデーターによると

セシウム合計 6Bq/kg (チェルノブイリ原発事故・核実験由来)






2013年7月に 私が座間神社さんに 許可をもらい 土壌を採取させて頂き 測定

セシウム合計 178Bq/kg でした



Cs-134も しっかり見えています Cs-137との比率も ドンピシャ

福島原発事故由来の セシウムと見て 間違いは なさそう・・・




1992年の数値と比べると 
29倍になってしまったのです




何も 知らない 聞かない 見ない 考えない・・・  そりゃ楽かもしれないけど  

そーじゃなく・・・

この事だけじゃぁないけど

現実を しっかり見て 受け止めて 考え 行動をする

大変だと思うけど・・・


そんな 世の中   日本に なっちまった。









2015年1月11日日曜日

「日本と原発」





平成27年 1月30日金曜  19時~

        おださがプラザ 多目的ルーム にて 上映

        http://eic-sagamihara.jp/archives/2865/







2015年1月7日水曜日

小松菜が小さい理由


本年も宜しくお願い致します

初詣で 家内安全 天候安定 を お祈りしてきました。




もう 出荷が始まっていますが

小松菜・ほうれん草 サイズが小さいです




昨年の 台風の影響で生育が遅れ その後も雨が多く 白さび病が多発

例年の冬だと 雨が少なく 乾燥するのですが まだまだ 雨多し

皆さんも この冬は お肌の乾燥・喉のイガイガ等 少ないなあ  と思いませんか?

そんな水分・湿度満タンな所へ

連チャンで やってくる 寒波

元日の積雪

翌朝は マイナス6~7°位まで 気温低下

そりゃぁ 小松菜達も たまったもんじゃぁないです・・・

と 言う訳で 

小松菜・ほうれん草の 傷み・ダメージが酷いです 特に小松菜




霜焼けで 色が 白っぽくなってしまう・・・




茎が 凍って膨張して 破裂する物が 多い

多分 雨多く 水分が多いからかなぁ





収穫した 小松菜の傷んだ葉を取り除く

外側の葉を 殆ど 取ってしまう




芯の小さい葉しか残らない・・・

ので 「小さな 小さな 小松菜」になってしまうのです




左側が 出荷できるように 調整した物

右側が 廃棄する物




廃棄した 小松菜・ほうれん草の山

出荷する物より多い




一袋分の小松菜



例年通り順調に生育していれば 一袋当たり・6~8本

今年は 一袋当たり・20本前後

倍以上

手間も 倍以上

気持ちも 倍以上 入ってます!

でも

売上は 半分以下  キビシイーッ!



そんな理由で

今シーズンの 小松菜・ほうれん草は サイズ極小

調理等 手間がかかってしまい 御迷惑をお掛けしますが

宜しくお願い致します