2012年3月25日日曜日

安心・安全



心が 安らぐ

全て 安らぐ


そう 簡単に 使える 言葉じゃない

原発事故以前も そんなに多く使っていた言葉じゃない


畑に入れる物は ちゃんと証明書の出る物を使い

ビニール資材は なるべく使用せず

勿論 農薬・化学肥料は使わず

旬の物を旬に作る様心がけ

出来る限りの事をしてきたと思う

でも 簡単に 使える 言葉じゃない




いくら 検査をしても

測定機を導入しても

そんなに 簡単に 使える 言葉じゃない



心が 安らぐ・・・・・・・。

全て 安らぐ・・・・・・・。


安心・安全って そう簡単に使える言葉じゃないと思う。

こちら側から 押しつける言葉じゃなくて

ひとり、ひとり が 感じる 言葉じゃないかなぁ・・・。

2012年3月16日金曜日

現実・事実


やじまの上圃場のふきのとうも蕾が開きました

日中は少し暖かいですがまだ朝晩は冷えます

昨日の朝はまだ畑に霜が降りていました





ブログの更新が なかなか出来ずにいます

色んな事を 考え過ぎると書けなくなるのですね・・・



自分の畑で起きている 現実・事実をこれからも伝えていきたいと思います




もっと多くの 現実・事実を伝えなければいけない人々が

嘘をつかず 余計な事を考えず 自分の足元で起きた 

事実・現実を伝えてくれるといいな・・・

そしたら もっと もっと多くの人が 真剣に考え 判断してくれるのになぁ・・・


現実・事実を直視する事は怖いし覚悟を決めないといけないし大変だと思う

だけど それを避けると  ちゃんと考え  判断する事ができない


だから とても 大事な事だと思うんだけどな・・・。

2012年3月6日火曜日

2012.3.4 のらぼう菜 検査結果

中丸圃場

のらぼう菜

昨年の9月に種を蒔き(自家採種のたね) 半年間という長い生育期間

この のらぼう菜は無肥料で栽培している

「自然農や無肥料だと 放射性物質を吸収しやすいみたいだ」

「アブラナ科は放射性物質を吸いやすい」と言われている


のらぼう菜は セシウムが検出されると思っていた



セシウムの検出は無かった! よかった・・・

この のらぼう菜の畑の土壌の汚染はセシウム合計39Bq/kg 畑の汚染の程度が

低いから でなかったのだろうか? 他の畑だったらどうだろう?

畑ごとに汚染の程度は違う

何を栽培するかによって畑を選ぶ必要がありそうだ

これからも 継続的な土壌・作物の検査をして データーを集め 今後に活かそう

自分だけでは無く 他の意識ある生産者ともデーターを共有していければ・・・

それが 食べる人の為にもなる・・・

もっと そういう 生産者が増えないかなぁ・・・




この のらぼう菜は 3月15日頃から出荷できると思います(天候・気温次第ですが・・・)

のらぼう菜は どんな食べ方をしても イケますっ!!

サッと湯通しして シーザードレッシングでサラダ   春の香りのパスタ

湯がいてマヨネーズ   お浸し  etc 

 
                             
                                     ペットボトル遮蔽・1800秒計測




7200秒(2時間)計測


東林間測定室・チャンプールの高岡様 いつも正確な測定を有難うございます

5月からは 私も正確な測定をできるよう がんばります

2012年3月2日金曜日

心を込めて作ったもの



農家の人が   「心を込めて作った野菜」


日本中の子供たちは   そう思っている   そう教えられている

おいしく 残さず 食べている 

野菜嫌いの子供も がんばって 食べている


百姓は もういちど 自問自答 してほしい


「俺は 心を込めて 野菜を 作っているだろうか・・・」と・・・。




最近

私のまわりの百姓も意識が変わり始めた まだ人数は少ないが・・・

座間の 神奈川の 日本中の百姓の意識が変わるといいなぁ。